January 28, 2019

【「キャリアコンサルKOKOROカフェ」&「コーチン1Day講座&体験セッション」】


.

インフルエンザが、猛威を振るう中…
すっかり治っているはずの私・・・
咳💧なおらーん。(´;ω;`)

.

どうも鼻水は、30名近くの会場のセミナーの時、

マスクはできないので、

空気が乾燥と冷えていた会場で、

風邪菌が入って来たのかも?!

.

Dr.も首をひねる。。熱もないし、喉の炎症も軽いのに、

咳と鼻水~💦 ま、喘息にならないように、注意します。

.

年始の勢いが〜、ガラガラと崩れてしまったので、

いつも、バタバタ感が否めない私ですが、

今は、ゆっくり始めなおしてます(*´з`)

仕事は待ってくれないので、

先日からセミナーや、キャリアコンサルで、

クライアント様のリアルなお悩みを受けて。。

色々考える時間がありました☆

2月は、対象によってのセミナー・

ご相談を開催していく予定です。
(もう少し準備中!)

お待ちくださいねー。( *´艸`)

2月のコンサル・セッション日程は
こちらから
👇
https://ameblo.jp/kokoro-nextstage/entry-12435624518.html

.

セミナー後、相談に来られた

障がい者の枠でこれから応募したいという方が、

「普通の人は、アピールができるが、
障がいでできないことが
多いから、アピールできない…」と。

確かに、障がいによっては、できることが
制限されてしまうこともあるでしょう。


 

わがままはダメですが、ある程度の配慮も必要です。

でも、それは=できない ことで...

January 22, 2019

キャリア・ネクストステージのブログへお越しくださりありがとうございます!

昨日は、昨年後半から、スタートした。。

ママのためのキャリア講座=ママキャリ☆

ママスクとのコラボ講座 in 海老名

『ママキャリ☆ワークショップ
自分のココロの癖を知り、人間関係をスムーズに身につける』

” アサーティブ ”になろう

を開催しました。

おひとり、、体調が悪くなり、お休みとなりましたが、

育休中のママさん Cさんが参加してくださいました!

学生の時から、なぜか?!「人間関係」が、うまくいかず、

トラブルになることが多く、

育休が春で終わり、職場復帰をされる際に…不安が増してきたそうです。

その影響で、子どもさんのことも。。色んなことが気になったり。。

「今までの自分と変わりたい」

と、いう気持ちで来て頂いたんです。

昨年末のメンタリング1Day講座もそうでしたが

◆自分が、ダメだと思うことに気付けること

そしてそれを

◆本気で変えたいと思っていること

それは、きっと「キャリコン」の私の出番

それだけで、何かを変えるチャンスに繋がるから

そのヒントのサポートは、お任せください!!

今回のママキャリ☆のテーマ

理想的に「アサーティブ」になる

言いたいことを言って、人間関係もスムーズにする方法

アサーションという心理療法)

家庭でも、学校でも、職場でも、人間関係に悩まない人はいない

だからこそ、自分のココロがどう考え、どういったクセがあるのか?!

明確にすることで、次にどう対応すればよいかをハッキリすることで、

これからの「人との関係」が違ってきます...

January 19, 2019

【10月14日(日)は、相模大野へ❣】

「ユニコムプラザさがみはらまちづくりフェスタ」

毎年、親子で楽しめるイベントか開催されました!

キャリア・ ネクストステージも今年も出展👆

小さなお子さんから、お年寄りまで、

ココロ癒される『マンダラアート』

たくさんの親子連れの方に、遊びに来てくださいました❗️😄✋

https://www.facebook.com/events/234930620514196/

ステキな作品と。。

ステキな笑顔で。。

とても楽しいイベントの一日となりました\(^o^)/

ありがとうございます!!

November 13, 2018

過労死に長時間労働パワハラ、セクハラと働く環境をめぐる問題は後を絶たない。

そんな中で安倍政権は「働き方改革」を看板政策に掲げてきた。

では、企業の職場は、働きやすくなった信子さんか!?

現実の働く環境・・・しっかりと捉えていかなければならない。

働く現場は、労働者に厳しいものであることは変わらない。

こんな記事がありました。

<週刊女性PRIME [シュージョプライム]掲載記事 抜粋>

安倍政権が進めてきたのは“企業ファースト社会”をつくるための政治。

一般にイメージされている働く人のための政策はごまかしで、働き方改革もお飾りにすぎない。

その姿勢は一貫しています。

 まず手をつけたのは'15年9月に成立した改正労働者派遣法だ。

秘書や通訳などを除く一般業務の場合、派遣先企業で働く期間は最長3年。引き続き働いてほしいなら、派遣先は直接雇わなければならなかった。

「それを当時の民主党政権は強化して、一定条件を超えると直接、雇ったものと自動的にみなす“みなし雇用制度”を作ったんです。'15年10月から施行される予定でしたが、同年9月、安倍政権は派遣法を改正して、制度をひっくり返してしまった」

 法改正によって、業務にかかわらず派遣期間の上限は一律3年に。それを超えた場合、別の派遣先を紹介する、派遣会社から派遣先企業に直接雇うよう申し入れるなどの「雇用安定措置」を義務づけた。しかし施行から3年を迎えたいま、義務が発生する前に契約を打ち切る「派遣切り」が横行している。

「ずっと派遣として働くか、クビになるか...

Please reload

山本加代子の本音が聞ける
「自分の心をしっかり見つめ、次の一歩を踏み出そう~」
 
ブログはこちらから。
読者登録お願いします (^^♪                   
 
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索