「正規で過労死並の重労働」か「非正規で低賃金」

November 13, 2018

 

過労死に長時間労働パワハラ、セクハラと働く環境をめぐる問題は後を絶たない。

 

そんな中で安倍政権は「働き方改革」を看板政策に掲げてきた。

 

では、企業の職場は、働きやすくなった信子さんか!?

 

 

 

現実の働く環境・・・しっかりと捉えていかなければならない。

 

働く現場は、労働者に厳しいものであることは変わらない。

 

 

 

こんな記事がありました。

 

 

<週刊女性PRIME [シュージョプライム]掲載記事 抜粋>

 

安倍政権が進めてきたのは“企業ファースト社会”をつくるための政治。

一般にイメージされている働く人のための政策はごまかしで、働き方改革もお飾りにすぎない。

その姿勢は一貫しています。

 

 まず手をつけたのは'15年9月に成立した改正労働者派遣法だ。

秘書や通訳などを除く一般業務の場合、派遣先企業で働く期間は最長3年。引き続き働いてほしいなら、派遣先は直接雇わなければならなかった。

「それを当時の民主党政権は強化して、一定条件を超えると直接、雇ったものと自動的にみなす“みなし雇用制度”を作ったんです。'15年10月から施行される予定でしたが、同年9月、安倍政権は派遣法を改正して、制度をひっくり返してしまった」

 法改正によって、業務にかかわらず派遣期間の上限は一律3年に。それを超えた場合、別の派遣先を紹介する、派遣会社から派遣先企業に直接雇うよう申し入れるなどの「雇用安定措置」を義務づけた。しかし施行から3年を迎えたいま、義務が発生する前に契約を打ち切る「派遣切り」が横行している。

「ずっと派遣として働くか、クビになるか、どちらかのパターンに分かれたわけです。

とりわけ、ベテランの派遣がクビを切られています」

 

 企業ファーストな姿勢は、今年6月に成立した「働き方改革関連法」にも表れている。

「法案では残業時間の上限規制を定めていますが、問題はその中身。

1か月で最長100時間、2~6か月で平均80時間まで残業させてもいいと認めています。これは過労死ライン。長時間労働の是正につながるのか疑問です」

 

 また同法案には、高収入の一部専門職を労働時間規制からはずす「高度プロフェッショナル制度」も盛り込まれた。

「適用されると、1日8時間までの労働、残業や休日出勤の割増賃金、週1日の休日といった労働基準法の規制からはずれる人が出てくる。いまは年収1075万円以上の専門職が対象ですが、いずれ基準を下げてくるでしょう」

 そのため“残業代ゼロ法案”として批判を集め、長時間労働を助長するとして

過労死遺族も反対の声をあげている。

 

 

 

裁量労働制で過労死の恐れも

 

 高プロと同様のリスクをはらむのが「裁量労働制の拡大」。2月に不適切データの発覚で国会提出は見送られたが、9月には検討会を開始、息を吹き返そうとしている。

 裁量労働制とは、あらかじめ決められた時間を働いたとみなし、長く働いても短く切り上げても、一定の給料が支払われる仕組みだ。

 

「管理職などに限られていた対象を法人営業などの職種にも拡大しようとするもの。

高プロと違い、働く時間は自分で決められますが、仕事量についての裁量権はない。

会社から仕事を大量に出されると、終わらせるために自発的に長時間働き、サービス残業をして、へたをすれば過労死する危険があります

 

 3月に裁量労働制を廃止した三菱電機では、'14年~'17年に労災認定された社員5人のうち、3人に裁量労働制が適用され、過労自殺した社員も含まれていたことが明らかになっている。

 

「長時間労働につながる働き方改革のもとでは、子どもや家族がいる女性の多くは働けない。

仕事と家庭生活の両立は全く考えられていません。すると、ますます女性たちはパートや派遣社員などの非正規に流れていく。

 

正社員で過労死のリスクにさらされつつ長時間働いて、男性に近い賃金を得る女性と、という二極化が進むのでは? 

 

今後、女性間の格差がさらに開いていくと思います」

 

 総務省の労働力調査によれば、'17年に非正規として働く人は、前年比13万人増の2036万人。

そのうち6割を女性が占める。

 

安倍首相が「非正規という言葉をこの国から一掃する」としてぶちあげた「同一労働同一賃金」

期待をかけたくなるが、

「非正規の場合、仕事内容や成果で給料が支払われるのではなく、たいていが時間給。長く勤めれば賃金が上がる仕組みでもない。同一労働同一賃金は、賃金や転勤の有無が社員と同じかどうかが問われるため、ほとんどの非正規は対象にならないのです」

 

 

 どう生き抜けばいいのか?

 

 

相談先を持っておくこと!

 

何か、トラブルが起こった時は、労働団体や弁護士によるホットラインを利用するのもいい。

知識や情報を得られて、ネットワークづくりができます。

 

 

 

 

 

そして、そんな時には、自分自身のココロを大切にしてほしいのです!

 

自分なかなか気付けない。。本当の自分の気持ち、大切にするべきこと。

 

 

そんな自分を見つめることをお手伝いできるのが、

 

「キャリアネスクトステージ」がやっているキャリアを見つめることです。

 

 

ぜひ、個別のセッション、企業様でしたら、企業研修で、ぜひサポートをさせて頂きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

🌸「メンタリングカードコーチング1Day講座」

 

.

☆やまもとかよこ日程は

 

セッションこちら

 

 

https://lmc-japan.com/koushi/kayoko_yamamoto

 

 

場所:神奈川@横浜近辺 or 東京@町田近辺

(希望により場所の変更可)

 

お申込みはこちら

👇

https://ssl.form-mailer.jp/fms/fec078f2486945

 

 

*ライフミッションを見つけたい

*本当の気持ちを引き出すことができるコーチングを自分でできるノウハウを学べます!

*セルフ(自分で)コーチングも取得できますよ

 

 

オンライン   OR  場所は、神奈川•東京

(詳細はご本人へお知らせします!)

 

 

輝くあなたにお会いできることを

 

楽しみにしています❣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、これから~

 

自分が限界を決めてしまえば、そこで止まる。

 

そこをまた、広げていけるのも、自分自身のココロ

 

そのきっかけの1歩をつかんでみませんか??

 

 

 

 

 

🌹「個別キャリアコンサルティング☆自分発見☆ ~KOKOROのカフェ~」

(個別セッション 各 90分で設定) 

 

11月は、  残2席 お早めに!!

 

*ゆったりとしたカフェで、「お悩みの本当の課題」を見つけコンサルいたします。

*「キャリアコンサルタント」を目指したい・キャリコンの仕事ができていない、

 年数の浅い方のご相談も受けます。 

 

場所:海老名 ・ 相模大野・町田・横浜・東京 (オンラインはskype かZOOM)

 

 >お申込みは こちらから

👇

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d7faef48479665

 

 

 

 

 

私の「キャリア支援」の目的は、

 

単なる仕事を決めることではない!

 

 

こうありたい。。という強い願い。。気持ち。。を

 

「なりたい自分になる!」心を創っていくこと

 

そして、それを一緒に行動できること。

 

 

 

その結果。。

 

やはり、ご本人が「笑顔で幸せ」を

 

感じてくれること!!

 

 

そんなコーチング・キャリアコンサルティングを

提供していきます!

 

 

 

 

 

 

 

~「私らしさ」を知ることで、

自分のなりたい自分になる!~

 

 

キャリア・ネクストステージ

  やまもと かよこ

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

山本加代子の本音が聞ける
「自分の心をしっかり見つめ、次の一歩を踏み出そう~」
 
ブログはこちらから。
読者登録お願いします (^^♪                   
 
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索